上野クリニックの独自の麻酔方法とは

上野クリニックは包茎治療を中心に行っているクリニックで、東京を中心に全国に16医院を展開しています。上野クリニックでは保険適用外の治療が中心ですが、反面でその治療費は、明朗な料金設定がされています。従来の手術で使われるナイロン糸を使った包茎手術では7万2千円、吸収糸を使った包茎手術では10万円となっています。また修正再手術にも対応しており、その場合には15万円となっています。修正再手術は他の病院で受けた包茎手術の仕上がりに満足しなかった場合に行う手術です。このほか、さらにプラスして美容治療手術が11万円から60万円、亀頭部のブツブツ除去に5万円から60万円の範囲内となっています。また男性器を強くするヒアルロン酸注入などもおこなっています。
また上野クリニックでは、独自の痛みを抑える麻酔システムを採用しています。上野クリニックの麻酔システムは、スプレー式による基礎麻酔を行います。これはスプレーで皮膚の感覚を麻痺させるものです。ついで深部冷却麻酔を行います。これは麻酔薬は使わずに半凍結した特殊なジェルを直接ペニスに巻きつけるものです、これらによってペニスの表面上の痛みを感じさせなくします。そして最後に極細針による麻酔薬の注入で内部まで深く麻酔が効くようになっています。このようなステップを経ることで、極細針で注射されるさいにはまったく痛みを感じることがなく、さらに手術中も痛みを感じることがありません。