上野クリニックの包茎手術の種類と費用とは

上野クリニックは、包茎手術で有名です。包茎は男性器のうち亀頭部分に皮が被った状態のことです。勃起したさいには皮が自然と剥けて亀頭部分が現れるのが正常とされますが、実際には仮性包茎も正常の範疇とされます。
包茎でも3種類あり、仮性包茎の場合には、少し皮が多めにあるため勃起しても完全には亀頭が露出せずに一部が被ったままの状態になるものです。しかし、外部から力が掛かれば亀頭が露出した状態になるため、性交渉時に問題になることはありません。
一方で、カント包茎や真性包茎は事情が異なります。カント包茎は、勃起しても皮が一部しか向けず、また外部からの力が掛かっても亀頭が露出しない状態です。真性包茎は勃起してもまったく皮が剥けない状態で場合によっては勃起時や性交渉時に痛みが伴うものです。
上野クリニックでは、これら状態に応じた包茎に対しての適した治療を行なっています。代表的なのが包茎手術で、余分な皮を切除するものです。特に上野クリニックでは、手術時の痛みを抑えるために独自の麻酔技術を採用していますし、見た目にも自然な複合曲線作図法にも対応しています。手術費用は、ナイロン糸を使った場合には7万2千円で、吸収糸を使った場合には10万円と明朗な料金設定となっています。
もう一方で、手術を行わず包茎矯正器具を使った治療も行っています。器具を使った場合には費用が安い反面で、包茎の状態によっては、完全に包茎の状態から脱することができない、つまり根本的な治療に繋がらない可能性があります。